教務補助(Teaching Assistant)について
(2018年度版)
1. 重要事項

1.1 TAハンドブック
教務補助を担当することが決まった場合は、以下のTAハンドブックをしっかりと読んでください。
・授業におけるTAの役割、姿勢、心構えなどが書かれています

          2018年度TAハンドブック〜実験科目編〜

1.2 TAの勤務要件

・勤務時間1日8時間を超えて、1週間では20時間を越えての勤務はできません。
・学内他箇所の雇用(科目登録の短期雇用、研究室での雇用等)を合わせた総勤務時間を指します。
・22時以降の勤務、休日勤務もできません。
・後日、「雇用条件通知書」が届きます。契約条件を確認するための書類です。大切に保管してください。
・「雇用条件通知書」が手元に届くと「勤務管理システム」が利用できるようになります。



2. 教務補助の申請(教務補助開始前)

2.1 雇用申請書(提出必須)
・教務補助を担当することが決まった場合は
雇用申請書を速やかに実験室に提出してください。
 (実験中のTAの怪我や事故等にも備え実験日の前日までには提出してください。)
・記入用の雇用申請書は実験室から配布されます。メールで雇用申請書が送られてこない場合は実験室(61-203)にご連絡ください。


2.2  2018年(平成30年)分給与所得者の扶養控除等申告書(任意)
   ・主たる勤務先が早稲田大学で、税控除等を受ける方は提出してください。
    申告する場合は申告書に書かれている内容をよく確認してください。


      2018年(平成30年)分 給与所得者の扶養控除等申告書

       【ご参考】給与所得の源泉徴収税額表(月額表)

3. 勤務情報の報告(勤務終了後

雇用申請書が提出されてから勤務情報入力が可能になるまで2〜3週間かかります。
提出日によってはその月の勤務情報の入力ができない場合があります。

3.1 勤務情報入力(教務補助担当者
   ・MyWasedaよりログイン後入力してください。
          *利用方法や問合せは勤務管理システムマニュアルで確認してください。
              http://www.wnpspt.waseda.jp/student/kinmu/

   ・月末に勤務内容が確定したら、勤務表(一覧)を紙に印刷し実験室に提出ください。
     
*提出された紙の勤務表をもとに承認作業を行います。


4. 雇用申請書および勤務表(いずれも紙)の提出期限と銀行振込日(予定)
                 2018年度スケジュール
勤務月 雇用申請書 勤務表締切日 銀行振込日
4月分 随時受付 6/1(金) 6/29(金)
5月分 6/1(金)
6月分 6/29(金) 7/31(火)
7月分 7/26(木) 8/31(金)
9月/10月分 未定 未定
11月分 未定 未定
12月分  未定 未定
1月分  未定 未定
※勤務表の提出締切を過ぎたものは次月の処理になります。

5. 問合せ先(書類提出先)

経営システム工学科実験室 準備室(61号館203号室) 内線:8760

▼実験演習のページへ
更新日:2018.5.28