8.レポートの説明

@

これまで行ってきた3回の実験を振り返り、オフィスワークの作業設計、遂行時間の見積り、処理時間のばらつき、日程計画の作成について、注意すべきこと、今後検討すべきことなど、気付いた点を述べよ。

A

CPM(Critical Path Method)について、調査研究を行いなさい。(A4で1枚以内)

 

 

レポートに添付するものとして、班の代表者が仕事の処理時間見積もり値記入用紙、考察記入用紙、PERT計算結果用紙、作業者増員検討結果用紙、増員を検討する際に新たに作成したPERT図の2枚の計6枚である。


目次