6.プロジェクト期間の短縮(作業者増員)

 プロジェクトの完了時刻短縮を目指し、プロジェクトメンバーの2名の臨時増員を検討することになった。ただし、この2名は、他の仕事もある為に、仕事A〜Jまでの中で、いずれか1つの仕事だけしか手伝うことができない。そこで、以下の手順に従い、この2名をどの仕事に担当させるか決めなさい。

@

5.でのシミュレーションによる完了時刻との比較で、最も近かったPERT計算のPERT図を用意する。

 

A

完了時刻に影響するクリティカルパス上の仕事の中で、最も完了時刻短縮に効果的と考えられる仕事を1つ選びなさい。

 

B

Aで選んだ仕事に作業者1人を追加するとして、新たに各仕事の時間値を記入したPERT図を作成せよ。ただし、作業者を1人追加することで、その仕事の処理時間は/に減少する。

 

C

作成したPERT図から、プロジェクト完了時刻を求めよ。(PERT計算せよ。)

 

D

Cの計算で求められたクリティカルパス上の仕事に、もう1人の作業者を追加することを、手順Aに戻って検討せよ。

 

E

AからDを繰り返すことで、2人の作業者をどの仕事に担当させることが、完了時刻短縮に最も効果的か求め、作業者増員検討結果用紙に、増員を決めた2つの仕事と、そのときのプロジェクト完了時刻を記入せよ。

注意:AからDまでを繰り返す時に、3人以上の作業者を追加したことにならないように、気を付けよ。

    2名の臨時増員が同じ仕事を担当することがないよう、気を付けよ。


7.短縮案のシミュレーション

目次