ミニ四駆組立の要素作業



1.要素作業A


左図のD1(白)を、車の屋根(白)の後方にはめ込みます。D1の部品を車の屋根の中央部の穴、横の溝の部分に挿入してください。














 

2.要素作業B


リヤーローラーステー(黒)の両端に、2mmのワッシャー(銀)と丸い部品(黒)を、ドライバーを用いて段付ビス(黒)で固定します。(ワッシャーの方を下にしてください)。リヤーローラーステーの穴は、2つありますが外側の方に固定してください。














3.要素作業C

本体(黒)の後方(幅のせまい方)に、リヤーローラーステーを固定します。リヤーローラーステーの6角形の穴に、ナット(銀)を置き、本体の裏側から、ワッシャー(銀)をはさんで、ビス(銀)で本体とリヤーローラーステーを固定します。
















 

4.要素作業D


・ 本体の右側(リヤーローラーステーを取付けた方を後方として)に両端に歯車のついている鉄の棒を置きます。
・前方の外側に、ピンクの歯車を鉄の棒に付いている歯車と噛み合うように置いてください。
・後方の外側に、肌色の歯車を置きます。この際、凸部が内側に向くようにおいてください。
・後方の内側に、ピンクの歯車を鉄の棒に付いている歯車と噛み合うように置いてください。
・ピンクの歯車を指で回してみて、鉄の棒と反対側のピンクの歯車が回っているかどうか確認してみてください。















5.要素作業E

タイヤにホイールを差し込みます。(前輪)
前輪と後輪のタイヤの幅が違うので、幅の同じ、タイヤとホイールを組み合わせてください。ちなみに、幅の狭い方が前輪、広い方が後輪です。















6.要素作業F

タイヤにホイールを差し込みます。(後輪)
後輪と前輪のタイヤの幅が違うので、幅の同じ、タイヤとホイールを組み合わせてください。ちなみに、幅の狭い方が前輪、広い方が後輪です。













7.要素作業G

本体に前輪(幅の狭い方)を取付けます。
・まず、鉄の棒(金)を本体の前輪部分の穴に挿入します。
・鉄の棒に、両端の外側から、プラスチックの輪(黒)、金色の部品(凸部を内側に)、
タイヤの順に挿入していきます。
・タイヤまで挿入し終わったら、左下図のような方法で、タイヤを強く挿入してください。





























8.要素作業H

本体に後輪(幅の広い方)を取付けます。
・まず、鉄の棒(金)を本体の後方部分の穴に挿入します。
・鉄の棒に、両端の外側から、プラスチックの輪(黒)、金色の部品(凸部を内側に)、タイヤの順に挿入します。
・タイヤまで挿入し終わったら、左下図のような方法で、タイヤを強く挿入してください。





























9.要素作業 I


ギヤーを本体の後方に取り付けます。
・モーターの歯車の部分を右側にくるようにします。ギヤーの凸部が、本体の穴に引っかかるようにします。パチンと音がなるまで、押し込んでください。
















10.要素作業J

本体にスイッチを取付けます。
・まず、スイッチバーを取り付けます。凸部が後方を向くように、溝に入れ、本体の左側へスライドさせてください。
・次に銅色の金物を本体左側の凸部に引っかけてください。短い方を後方、長い方を前方にしてください。左図を見て、スイッチバーと金具の位置関係に注意してください。
・スイッチの前方方向にある2つの穴に、フタの凸部を挿入します。パチと音が鳴るまで、押し込めてください。
















11.要素作業K

青の円形部品のまわりに、ゴムの輪を取付けます。








12.要素作業L


本体の前方部分に、ゴムの付いた円形の部品を取付けます。本体にワッシャー、円形部品の順番で本体に取り付け、段付ビス
で固定してください。本体に穴が2つありますが、外側の方に取付けてください。

















13.要素作業M

本体に電池を取付けます。
左図を見て、電池の向きに注意してください。電池を入れたならば、図のA2部品(黒)を用いて固定します。部品の凹部と、本体の凸部をうまくはめ合せて下さい。












14.要素作業N

本体と屋根を組み合わせます。
・屋根の前方にある凸部を、本体の前方から2つめの穴にはめ込んで下さい
・次に後方部の屋根と本体の凸部が合わさった部分を図のA8部品を用いて
組み合わせます。


















もどる